要らなくなった結婚指輪は売れます。買い取り業者に高価買取をしてもらうためには?

結婚指輪を売ると買取してもらえる?高く売る方法はあるのか?

いらなくなった結婚指輪は買い取ってもらえるのか

離婚などの理由で要らなくなった結婚指輪はどうされていますか。なんとなく手放せずに保管し続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。結婚指輪にはご自身のイニシャルや日付の刻印があるため買い取ってもらえないと思われがちですがそんな事はありません。では一体どんな結婚指輪なら買取りしてもらえるのか、そして高く売れるのか、買取り業者の目線で解説していきます。

結婚指輪を手放す理由

結婚にあわせて結婚指輪を買い揃えますが、購入に費やす金額は全国平均で25万円です。プラチナ製の人気が高く、女性用の指輪にはダイヤモンドをセッティングしたデザインも人気があります。

一方で、結婚した3組のうち1組が離婚をすると言われている今、結婚指輪が不要となった方々も一定の割合でいます。

2018年の司法統計によると、男女問わず性格が合わない(性格の不一致)が離婚理由の第一位です。

<男性>
1位:性格が合わない
2位:精神的に虐待する
3位:異性関係
4位:家族との折り合いが悪い
5位:性的不調和

<女性>
1位:性格が合わない
2位:生活費を渡さない
3位:精神的に虐待する
4位:暴力を振るう
5位:異性関係

参考:性別離婚申立ての動機別割合の推移(1975-2019)|司法統計

離婚後の結婚指輪

では、離婚が決まった後に不要となった結婚指輪はどう扱うのでしょうか。要らない結婚指輪を処分する方法として主に下記の選択肢が考えられます。

  • 捨てる
  • 配偶者へ返す
  • リフォームして再利用する
  • 買取り業者へ売却する

捨てるおよび配偶者へ返すは、手元に何も残りませんので気分的に清々するでしょう。リフォームは指輪の一部が手元に残りますので抵抗があるかもしれません。一方で買取り業者へ売却するのは、現金へ換金されるので最も効果的な処分方法だといえます。金・プラチナ製品の指輪は、素材自体に価値がありますので生活雑貨などと比較すると高い金額で売れます。

異なる素材とブランドで金額は変わる

結婚指輪を売る際、素材およびブランドによって買取り相場が異なります。近年では金とプラチナの重さが同じであっても金の方が高値で買取りされます。

ゴールド製品

結婚指輪で使用されているゴールドではK18が最も多く流通しています。近年ではK14やK18ホワイトゴールドの製品を結婚指輪として販売しているブランドがあります。売却の際には金の含有量が多いK18製品の方が高く売れます。

プラチナ製品

結婚指輪に使われているプラチナは主にはPT950、PT900、PT850があります。多くの方々が結婚指輪にプラチナ製を購入しています。指輪の内側にイニシャルや日付の刻印を入れていますが、買取り査定では重さが金額に反映されますので刻印があっても売却可能です。

ブランドの結婚指輪を売る

CartierやTIFFANY&Co.のような有名ブランドの結婚指輪はノンブランドと比較して高く売れます。ブランドのネームバリューやデザインは一目で判別できるものなので人気が高く再販売の需要があるからです。査定を依頼する際には箱や証明書も一緒に持って行くようにしましょう。

ダイヤモンド付きの結婚指輪を売る

女性用にはダイヤモンド付きの結婚指輪があります。ダイヤモンドは大きさに限らず金額が付きます。小さなメレダイヤには金額をつけない業者がいますが、理由が不明確であれば別の業者に買い取ってもらいましょう。

イニシャルの刻印が入った結婚指輪を売る

結婚指輪にはイニシャルや結婚記念日を打刻するのが通例です。そのような個人的な刻印が入ったままの指輪でも売却が可能なのです。ノンブランドの結婚指輪なら貴金属を再利用するための素材として買い取り、その素材を溶かしてジュエリーなどに再利用されます。人気の高いブランドの指輪なら刻印を消して再販売されることもあります。

買取り後に需要の見込みがある指輪

買い取り後に再販売をしても需要が見込める場合には指輪として査定をします。この条件に当てはまる指輪は、主に再販売をしても人気があるブランドジュエリーに多いです。ブランドジュエリーのメリットは素材以外の付加価値があり、デザインによって査定金額が異なります。

買取り後に需要の見込みがなさそうな指輪

買取り後に再販売をしても需要の見込みがなさそうな指輪は、素材として買い取ります。1グラムあたりの相場×重量で計算されます。プラチナや金は素材としての価値があるので、刻印があっても買い取れるのです。プラチナならプラチナ相場、金なら金相場があり、それぞれの品位によって相場が異なります。

結婚指輪を高く売るには

不要になった結婚指輪だとしても高く売りたいですよね。素材ごとに相場が異なりますが、査定を行う際に重視するポイントは同じです。

付属品一式を揃える

ブランドジュエリーの結婚指輪の付属品には専用箱と証明書があります。本来あるはずの付属品が揃っていないと高値が望めません。査定の際には一緒に見てもらいましょう。

複数の業者に査定をしてもらい金額を比較する

結婚指輪を売る際には必ず複数の業者に見てもらうようにしましょう。1社のみでは高いのか安いのかが分かりません。また、2~3社では相場が分かる程度です。理想は5社以上で比較です。5社以上の買取り価格を比較すれば相場の上限がイメージできます。時間と労力を費やしますが最も高い金額に辿り着くことができます。高く売りたい人は実行してみてください。

結婚指輪以外の物とまとめて売る

婚約期間や結婚期間中にプレゼントで貰った物もまとめて売却をしましょう。結婚指輪を売るだけでなく、他のジュエリーやブランドバッグ、時計などの不要品があれば単品で売却をするよりも買取り交渉がしやすくなります。

資格保有者が在籍する店舗で見てもらう

買取り専門店には宝石の鑑定士が在籍する店舗が存在します。世界的な権威の一つであるGIA(米国宝石学会)G.G.が有名です。G.G.資格保有者なら適切な査定をしてくれます。損でもなく得でもなく、適切な査定を希望するのでしたら鑑定士の資格を保有する者に見てもらいましょう。

金額を比較するなら一括査定がおすすめ

複数の業者に見てもらいたいけど時間がない。そもそも近所に5件以上の買取り店がない。GIA(米国宝石学会)G.G.資格保有者が在籍する店舗がない…。そんな悩みを一気に解決できるのは一括査定です。一括査定サービスには自分自身で複数の業者と交渉を行うタイプと仲介業者が窓口になって交渉もお任せするタイプの2種類あり、どちらも無料で利用できます。

自分で交渉を行う一括査定サービス

売りたい商品を一括査定サイトに商品画像を登録すると買取り業者から連絡が入る仕組みです。一度の登録で多くの業者へ個人情報が行き渡る不安がありますが、登録から価格交渉までをご自身で行いますので商品知識と交渉力に自信がある方におすすめです。ただし、10社から20社ほどの業者から連絡が入るため何度も同じ説明をするため応対の煩わしさを感じる方もいらっしゃいます。また、実物を拝見しないと確実な金額が出せないデメリットがあります。そのため正確な買取り金額を知りたい場合には店舗へ出向くか買取り業者に自宅まで来てもらう必要があり、時間に余裕がない方には不向きかもしれません。

時間がない人におすすめ!仲介業者が窓口一つで交渉を完結する一括査定サービス

売りたい商品を一括査定会社へ商品を持参または配送をして、買取り業者が実物をみて査定金額を算出する仕組みです。お客様がやり取りするのは窓口となる仲介役だけなので複数の業者と対応する煩わしさを感じることがなく、個人情報が業者へ行き渡る心配もありません。価格交渉も仲介役が行いますので商品知識と交渉力は一般の方と比較にならないくらい長けています。唯一のデメリットは、時間がかかることです。確実な金額を算出するために実物をみる必要があり、複数の業者が査定を終えるまで数日が必要です。そのため換金をお急ぎの方には不向きかもしれませんが交渉力に不安がる方や高額で売りたい人にはおすすめのサービスです。

一括査定おすすめ業者

店舗に資格保有者が在籍して一括査定サービスを受けているのが「査定の名人」です。

査定の名人にはGIA(米国宝石学会)G.G.資格保有者が在籍し、10社の買取業者と買取りの交渉も行います。宝石学のプロフェッショナルがお客様に代わって交渉しますので、買い叩かれたりする心配がありません。買取り業者の査定担当者よりも知識が豊富なのでとても安心できます。また、査定の名人では宝石全般およびブランドバッグと時計も扱っているのでまとめて依頼できます。宅配査定も承っており、配送料や査定手数料も無料でお客様のご負担は一切ありません。詳しくは「査定の名人ホームページ」をご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です